春野菜におすすめ!ペアリングセット
単一品種シャルドネ飲みくらべセット
アウトレットセール
冬の赤ワインセット
冬のおすすめ紅茶
ドルチェ&ガッバーナ_ドンナフガータ
作り手との繋がりを大切にしています
2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日
店舗休業日
2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
店舗休業日

AM9:00までのご注文は即日発送可能です!

 

ワイン生産者/ペドラロンガ Adega Pedralonga

Adega Pedralonga

海の記憶を閉じ込めたワイン

アデガ・ペドラロンガは、スペインの北西海岸、大西洋に面した産地の生産者です。「リアス式海岸」の由来である「リアス・バイシャス」は、大西洋性気候の影響を受け、1年の大半を温暖な気温と豊かな雨量に恵まれる、スペインの中では珍しい気候の地域です。

白ワイン向けのアルバリーニョなどのブドウ栽培に適しており、スペインの高級白ワインの約95%を算出する銘醸地。そこで造られた白ワインは、「海のワイン」と呼ばれるほど、ミネラルにあふれ、潮風のようなかすかな塩気を感じます。

リアス・バイシャスの中でも、ペドラロンガのブドウ畑は、シャブレ山の麓、南北に向いた高台にある砂壌土に根ざしており、ブドウをよく熟させ、健康に保つための適度な日照を得ることができる条件に恵まれています。

アデガ・ペドラロンガを率いるアルファンソ家は、20世紀初めよりド・ウミア峡谷でワインを造ってきた醸造ファミリー。今のワイナリーは1997年に建築されたものですが、ファミリーの哲学と信念は先祖代々継がれています。先代からの教えと伝統を守りつつ、自然に敬意をはらったビオディナミ製法を取り入れて化学肥料不使用、フィルタリング無しのワインを造っています。

ブドウの栽培から醸造の細部まで自ら管理する小規模なワイン生産者ですが、その規模と特性を生かして、ワインが持ち得るユニークな個性を大切にしています。


     アデガ・ぺドラロンガとは「大きな石」の意。
鉱物は長い時間の中で変化していきます。
 

ワインの顔は"鉱物"や花、いつもそばにある自然

普段は目にすることのない土壌の中の鉱物、道に咲く花からふわりと漂う香り、秋に降りつもる落ち葉・・・、アデガ・ペドラロンガのそばにあるもの、それらも含めて表現するワインは唯一無二の、まさに今ここにあるペドラロンガにしか造れないワインの個性となります。ワインのラベルには、ワインから得られるインスピレーション、味わいや香りなどとリンクするものをモチーフとしてプリントしています。

 

テロワールのミネラル感を微細に表現する

鉱物は自然界において、定義された化学組成を持つ天然由来の物質ですが、気候や環境の影響を受けて、長い時間の中で独特の性質を持つようになります。畑の土壌に含まれる鉱物の長い歴史に敬意をはらい、ペドラロンガでは、独自の気質を持つワインを造っています。畑は2ヘクタール、アルバリーニョ、カイーニョ、エスパデイロ、メンシアを栽培しています。バランスのとれた酸味が際立ち、テロワールの主に花崗岩土壌がもたらすミネラルの味わいが特徴的です。特に赤ワインの「ド・ウミア」は峡谷の高い位置で栽培されたブドウを使用しており、驚くべきアロマと大西洋特有のフレッシュさが魅力の赤ワインに仕上がります。

生きたテロワールと永続的に調和する

ブドウ栽培は有機農法にくわえビオディナミ農法、天体カレンダーに沿ってブドウとワインの醸造を管理しています。たとえば、下弦の月の期間は、ブドウ畑は休眠状態になります。この時期に畑をきれいにし、生産性の低い部分を剪定するのです。また、ワインが安定しない霧やスコールがなく、晴れた日は澱引きを行うタイミングでもあります。三日月期には、ブドウの木は新芽を伸ばします。この時期に剪定を行うことで、新芽が棚に登り、実をつけるためのエネルギーを得ることができます。
こういった自然の潜在能力と木々のもつ生命力、微生物の活動を最大限にリンクさせ、化学肥料不使用、フィルタリング無しで栽培から醸造までを実践しています。
 

他とは違うワインでみんなを幸せにする

現当主ミゲル・アルファンソ、先代のフランシスコからワイナリーを引き継いだ2代目です。今のワイナリーは南アフリカから帰国した数年後の1982年にフランシスコが設立。80年〜90年代にかけては多くのワイナリーが産業ワインのための改革を行いましたが、
先代のフランシスコはトレンドにとびつくことなく先代から代々引き継いできた伝統製法を貫き、彼がいつも思い描いてきた他とは違うワイン、すなわちナチュラルかつ美味しいワインでみんなを幸せにすることをモットーにワインを醸造してきました。

1997年、長年の計画が実現しボデガとぺドラロンガを正式に立ち上げました。現在は息子のミゲルがその意思を受け継いでいます。ミゲルは父の想いに賛同、伝統製法にのっとったビオディナミワインを造ります。フランシスコは今もミゲルを見守り、親子二人三脚でステレオタイプではないワインを製造しています



現当主ミゲル・アルファンソ氏
Adega Pedralonga アデガ・ペドラロンガ

生産地 / スペイン リアル・バイシャス
主要ブドウ品種 / アルバリーニョ、カイーニョ、エスパデイロ、メンシア


ペドラロンガ商品一覧はこちら

Qualite NEWS

カリテと生産者のニュースをお届けします