ルネ・ジョリー
ドンナフガータスタイル
生産者からのコロナに対するメッセージ
想いのこもったヨーロッパからの食材
作り手との繋がりを大切にしています
2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2021年 11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
店舗休業日

コロナ感染症対策により、営業日&発送日を限定し営業させて頂きます。ご不便をおかけしますが、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

トップ > イタリア > Sicilia(シチリア島) > ドンナフガータ / DONNAFUGATA > ドンナフガータ リゲア [2019] (イタリア 白ワイン / やや辛口)
ワイン > イタリアワイン > 白ワイン > ドンナフガータ リゲア [2019] (イタリア 白ワイン / やや辛口)
季節のワイン > 夏におすすめのワイン > ドンナフガータ リゲア [2019] (イタリア 白ワイン / やや辛口)

ドンナフガータ リゲア [2019] (イタリア 白ワイン / やや辛口)

商品コード : 26160
生産者 : ドンナフガータ
生産地 : イタリア
価格 : 3,300 円(税抜 : 3,000 円)
【参考:1ケース=6本入商品】
数量     ○在庫あり
 

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
★★★ケースでのご購入の場合も入数(本数換算)でご入力下さい。★★★

 
DONNAFUGATA Lighea
ドンナフガータ リゲア
【色】 【テイスト】 甘☆☆☆★☆辛
ミディアムボディ
【原産地】 イタリア
シチリア州
【生産者】 ドンナフガータ
【格付け】 IGP 【葡萄品種】 ジビッボ100%
【容量】 750ml 【輸入者】  (有)カリテ・エ・プリ
20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。
ヴィンテージやラベルが変更になる場合がございます。


 
甘い香りのジビッボ(マスカット・アレキサンドリア)を辛口に仕上げた
このワインのアロマは地中海そのもの。

緑色を帯びた明るい薄黄色に輝いており、
ジビッボ特有の芳醇なフルーティーさ(オレンジの花、メロン)と、
ハーブ(セージやローズマリー)の香りが交差する。

口に含むと爽快で味わい深く、しっかりとした骨格を感じられる。

舌触りが滑らかなので、辛口ですが口当たりはまるで甘口のように感じます。
ジビッボ(マスカット)の個性を見事に発揮し、その良い特徴を醸造技術により、
バランスよくきれいに仕上げたワイン。

当店の白ワインの中でも特に人気の一本です。

VT2015: JAMES SUCKLING 90pts / "Vinous"91+
VT2014: JAMES SUCKLING 100pts / "Vinous" 100pts
VT2013:95/100pts     ・・・and more!

"MundusVini" - ドイツ2004 銀賞受賞
"Banco d'Assaggio di Torgiano" -  イタリア2003,2004 金賞受賞
"Vinalies Internationales(ヴィナリーインターナショナル)" - "Vinalies D'Argent" 2001
"Vino Frutto" - Guide to the Italian Wines 2006 by Luca Maroni
  
いわしや鯵などの魚料理、クリーム系のパスタやオーブン焼き、魚のフライ
地中海料理
  
優しくプレスした後、搾汁液を温度調整をしたステンレスタンクにて発酵。
ブレンド後、瓶熟成は短めで2ヶ月後から出荷が始まる。
   
「太陽の色下乱れ髪から海水は滴り落ち、大きく見開いた緑色の目をぬれ染める…」
ビスコンティの映画にもなった「山猫」の作家、ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサが自作の短編小説の中で、このように描いたリゲアという魅力的な人魚がモチーフ。
十分に冷やして9〜11℃でサービス。
チューリップ型の中型のグラスで、直前の抜栓が望ましいです。
 
【NEWS】
シチリア パンテレリア島のジビッボ種(マスカットアレキサンドリア)の栽培農法が、
ユネスコの無形文化遺産に登録されました!!

 

世界が絶賛するドンナフガータのデザートワイン「ベンリエ・パッシート」 の
名前の由来でもある通り、

パンテレリア島―
シチリア島とアフリカ大陸チュニジアとの間の海峡に浮かぶ小さな島が
このように呼ばれるようになったのは、
アラブ語の「Bent El Riah (風の子ども)」が語源であると言われています。

その名の通り強烈な風が吹き付けるパンテレリア島での葡萄栽培は、
古代より続いてきた「パンテレリア風アルベレッロ(自生)方式」 。
地面に穴を掘った状態で葡萄が植えられており、
地表から数センチのところから2?4本出した、非常に短い主枝から
地を這うように横広がりに成長します。

この栽培方法は吹き付ける強風と強烈な日差しから葡萄の樹を守りますが、
膝丈程の高さに実る葡萄を、腰を屈めて一房ずつ手摘みする収穫は
過酷な重労働であることは言うまでもありません。

2500年以上も昔、北アフリカよりフェニキア人が持ち込んだといわれている
ジビッボ(マスカットオブアレキサンドリア)は、
アラビアから伝わった"段々畑"で、
「パンテレリア風アルベレッロ方式」で、今もなお栽培されているのです。

リゲアはこの伝統的な栽培による葡萄 「ジビッボ」と、
パンテレリアの生産者の情熱によって造られています。

○パンテレリアのコミュニティに伝わる伝統的な農業習慣 “ヴィーテ・アド・アルベレッロ”[剪定されたブッシュ・ヴァイン] Traditional agricultural practice of cultivating the ‘vite ad alberello’ (head-trained bush vines) of the community of Pantelleria

  

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

Qualite NEWS

カリテと生産者のニュースをお届けします